←2011年9月

2011年10月の太陽

2011年11月→


 


ご心配をお掛けしましたが、ぎっくり腰もすっかり治り、太陽観測・撮影は9月23日から再開しました。今まで同様皆さまのお越しをお待ちしております。 

黒点観測報告
群数黒点数相対数白色光画像Hα画像
4日1093193
6日865145
7日866146
8日765135
9日863143
10日770140
12日9143233
16日10172272
17日9163253
18日11183293
19日8168248
20日9147237
21日10145245
23日10213313
27日11137247
28日7110180
29日7124194
31日798194
平均210.3
太陽画像は◎をクリックしてください。(×印は撮影していません)
撮影機材
白色光:笠井トレーディングCAPRI-80ED(口径80mm f560mm)+ソーラーフィルター+NIKON D90 直焦 ISO200(露出1/1600sまたは1/1250s)
Hα光:LUNT LS60THa/B1200(口径60mm f500mm) NIKON D90 直焦 ISO200(露出1/30s程度)
モノクロ撮影し、擬似カラー化しています。

直接太陽を撮影するとデジカメのCCDやカメラ内部を焼いてしまいます。太陽撮影には必ず太陽撮影専用フィルターを使用してください。

太陽面展開図
 
fxwill.com

太陽は絶対に望遠鏡でのぞかないでください。(目を傷めてしまいます)

観察する場合は「太陽投影板」に太陽像を投影してください。(アイピースの種類によっては、レンズを接着してある接着剤が太陽熱で融ける場合があります。望遠鏡の説明書をよく読んで観察してください。)     

星をもとめて

inserted by FC2 system